神戸旧居留地大丸前の結婚式場なら神戸セントモルガン教会。挙式・披露宴・演出・結婚式の準備やマナーなどをご紹介。

Staff Blog

6

April

2017

マタニティウェディングのためのダイエットとは?

 

最近では4組中1組はこのスタイルで結婚式を挙げていると言われるほど

マタニティウェディングは一般的になっています。

 

妊娠はしていてもやっぱり結婚式は挙げたいですよね!

諦める方も多いみたいですが式を挙げないなんてもったいないです。

 

でも妊娠しているとなると様々な不安が出てきますよね。

中でもドレスについて悩む方は多いと思います。

妊娠中は子供の出産の準備でお腹が膨れてくる上に太りやすい体質にもなりますので気になりますよね...

ですが実は妊娠している新婦の方向けのダイエットというものがあるんです!

 

今回は特にそういった悩みを持つ方にマタニティウェディングに向けて

ドレスを綺麗に着るために、妊娠中のダイエット法などをお伝えいたします!

 

 

1.マタニティウェディングとは?

 

はじめにマタニティウェディングとはどのようなものなのか。

 

これから結婚を控えているカップルの中には

結婚はまだしていないけれど妊娠していた!という方々も多いです。

 

そのような状況になった時、妊娠中に結婚式を挙げる人がほとんどなんです。

そしてその妊娠している方が結婚式を挙げることをマタニティウェディングと呼びます。

ですが、式を挙げたくても

「妊娠しているのに大丈夫なのかな...」

「つわりなどの症状でそれどころではないんじゃないかな...」

など様々な不安もあると思います。

 

でも実はいざという場合のための施設がある会場があったりと

今やマタニティウェディングに対応したところもたくさんあるんです!

そうと分かれば会場選びもかなり大切になってきますよね。

 

また、

妊娠中、特に妊娠初期と呼ばれる時期には辛い症状が出てきますよね。

これを第一に不安に感じる方多いと思います。

そういった体調面に関しても、

妊娠による不快症状が落ち着く安定期を狙って式を挙げることで安心して挙式を挙げられます。

 

このようにいくら妊娠しているといえど

しっかりとした計画を持って準備をすれば安全に結婚式が出来ちゃうんです♪

 

 

「でもドレスが綺麗に着れるかな...」

結婚式を挙げると決めてもこのドレスの問題には悩まされるはず...

妊娠中は子供の出産のためお腹が膨れてくる上に、かなり太りやすい体質になります。

 

後ほど妊娠の方向けのダイエット方をご紹介いたしますが

「そもそも妊娠しているのにダイエットしていいの?」

まずはそこからご説明していきます!

 

マタニティウェディングについてもっと知りたい

 

2.マタニティウェディングでダイエットしてもいいの?

結論から言うと、妊娠中でもダイエットはできます!

むしろ適切な体型を維持するためにダイエットをしたほうがいいんです。

 

妊娠中はお腹の子供に栄養を与えるからダイエットは控えたほうがいいと思うかもしれませんが

妊娠中はかなり太りやすいです。

15kgや20kgほど増える方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

妊娠中に太りすぎると、産道に脂肪がつき赤ちゃんを産む時に苦労したり

糖尿病になってしまい流産や早産の危険が高まったりします。

また、妊娠中毒症にもなると高血圧になったりして母親も子供も危険な状態になってしまうことも。

太りすぎてしまうとそういったリスクがあるので医師からもひどく怒られます。

 

とにかく体への負担が大きくなるので太りすぎには注意!

かといって全く栄養を取らないのも赤ちゃんが十分に育たなくなるので危険です。

妊娠時はバランスよく食事とダイエットをしましょうね!

 

さて次はその気になるダイエットについてご紹介いたします!

 

3.マタニティウェディングでも安心して出来るダイエットとは

ダイエットと聞くと一般的なトレーニングなどの激しい運動が思い浮かびますよね。

ですがそのようなダイエット方法は妊娠中の体にはもちろん危険です。

 

妊娠している体には激しい運動以外の方法でダイエットすることが大切です。

では主に妊婦の方が行っているダイエット方法をご紹介します!

 

①食事に気をつけよう!

妊娠中はお腹の赤ちゃんが元気に育つようたくさん食べなきゃ!と思うはず。

確かにたくさん栄養を取ることはかなり大切です。

でもしっかり食べてたらすぐに太ってしまうし、かといって量を減らすわけにもいかないし...と混乱しますよね。

じゃあどうするか。そんな時は食べるものを変えてみましょう!

 

 

特に油っこい揚げ物などは控えて「和食」をたくさん取り入れることをおすすめします。

これなら量を減らさなくても大丈夫なので続けられますね。

また間食にお腹が空いてしまうのもよくある症状です。

なるべく控えるのが一番良いのですがどうしてもと言うのであれば寒天やバナナのようなヘルシーなもので済ませましょう!

他にも3食を分けたりして工夫して食べるのも良いですね。

 

②この運動なら大丈夫!

ダイエットの中心となるのはやはり運動。

そう聞くとジムで走ったりして汗をかくなんてイメージが強くありますが、

妊娠中の方にとても走るなんてことは出来ません。

 

なので「ウォーキング」がおすすめです。

ただ歩くだけなので安心してできますよね。

 

妊娠中に筋肉が衰えるのもあまり良くはありませんのでこれでカバーができますし

有酸素運動ですので血行も良くなって腰痛などが和らぎます!

またストレスの解消にもなるので是非やってみてください。

 

③マタニティヨガを始めよう!

妊婦のためのヨガ「マタニティヨガ」を始めてみましょう!

ヨガは手軽に始められるしスペースを取らないのでおすすめです。

深く呼吸する方法やリラックスする方法が理解出来るので出産の際に役に立ちます!

ですがマタニティヨガをする場合は医師の許可を事前にとりましょう。

 

他にもマタニティスイミングや家の掃除なども効果的です。

くれぐれも無理をすることは止めましょうね!

 

4.マタニティウエディングには部分やせダイエット

ダイエットで体重を減らしてもやっぱり「見た目」も気になりますよね。

二の腕や太ももなど太ってしまうとドレスが着れないなんてことも...

 

せっかくの機会にそんなことになってしまってはもったいない!

そんな時は部分やせダイエットで見た目から綺麗になりましょう。

 

①二の腕ダイエット

二の腕は特に太りやすい部位になっています。

妊娠中の二の腕ダイエットには以下のようなものがおすすめです。

 

・500mlのペットボトルや軽めのダンベルをも持って腕の上下運動。

・腕にサランラップを巻いてお風呂に入ったり就寝したりする。

 

2つめのサランラップは汗を出すことが出来るので効果が実感しやすいのが特徴。

お腹に負担がかからないので安心してゆったり取り組めます!

 

②脚やせダイエット

脚も気になるポイントの一つですよね。

特にふとももには脂肪がつきやすいのでしっかりとケアをしましょう!

脚やせダイエットは以下のものが効果的です。

 

・ウォーキング

・寝る前に脚の下にクッションを入れて寝る

・脚やせのジェルを塗ってマッサージをする

 

先ほどもご紹介いたしましたウォーキングは特に脚やせの効果があります。

また、ジェルが無くてもお風呂上がりにこまめにマッサージしてあげることでむくみ解消にもなりますね♪

 

どれもあまり負担のないものにはなりますが、

万が一お腹が張ってきたりした場合はすぐに止めましょうね!

 

5.マタニティエステがおすすめ

マタニティエステとは基本的にはリンパや血の流れを促進したり、

筋肉をほぐしたり体の歪みを整えたりします。

むくみ、肩こり、腰の痛みや冷えなどトラブルを中心に症状を緩和する効果があります。

 

二の腕や脚のむくみを解消してくれるエステもあるので

自力でダイエットするのが困難な方、続かない方はおすすめです。

 

ただ、時期には注意してください。

安定期に入る少し前にやると流産の危険が高まります。

施術する際は必ず医師に相談するようにしましょう!

 

綺麗にドレスを着るために

 

いかがでしたでしょうか?

妊娠している時期は身体も色々と変化していくのでかなり大変ですよね。

ドレスだって着たいけど不安もあるのは分かります。

だからといって諦めるのはかなりもったいないこと!

 

自分で体調をしっかり管理することや

医師に相談したりして理想のウェディングを目指しましょう!

くれぐれも無理はなさらぬようにしてくださいね。

 

 

 

fair