神戸旧居留地大丸前の結婚式場なら神戸セントモルガン教会。ゲストのおもてなしするお料理、ケーキをご紹介。

Cuisine 料理

料理は、感謝を伝えるおもてなし

私たちTAGAYA専属 料理人の使命は
新郎新婦様の代わりに感謝の気持ちを料理で伝える事です
そのために、食材の産地や調理法 ひとつひとつにかける手間を惜しみません

cuisine concept

Welcome drink

おふたり想い出のドリンクやコンセプトにあわせて
オリジナルのウェルカムドリンクを用意することができます

挙式パーティーが始まるまでドリンク片手にゲスト同士の会話も弾み、大切な時間を演出します

Les spécialité de dessert

Main dish

旬の食材を用いて一目で魅了する一皿

さまざまな調理法で、素材を最大限に活かす確かな味。
長く婚礼料理に携わるシェフがつくる一皿は、歴史と経験に裏打ちされどれも美しく幅広い年齢層のゲストを魅了します。

Cuisine Concept

Wedding cake

パーティを彩るWedding cake

お二人の祝宴を彩るウェディングケーキ。
この先、何年経っても今日という日が甦る特別な味わいであってほしい。
そんな想いからおふたりの希望にそったウェディングケーキをお創りいたします。
お二人の心にいつまでも輝き続ける結婚式を創り上げるために。

Les spécialité de dessert

Sweets

心ときめく特別なスイーツ

まるで宝石のように美しく、コース料理の結びを飾るスイーツ。
一つ一つ素材の持つ味の個性を上手く引き出し、見た目も味も皆様の心に素敵な余韻が残るようなスイーツを提供いたします。
お2人の幸せを願い、ゲスト全員の笑顔を思って作られたここでしか味わえない特別なスイーツです。

五感に響く婚礼料理種類に富んだ至極の料理

五感に響く婚礼料理種類に富んだ至極の料理

見た目も鮮やかに開宴を彩るオードブル
旬野菜やこだわりのコンソメで香り高いスープ
産地とソースにこだわったメイン料理
季節に応じて旬の素材を使い、
大切な一日に相応しい料理をおもてなし致します。

すべてはゲストのために

すべてはゲストのために

私たちはご披露宴のために平日すべての時間を仕込みに費やします。
例えば、コンソメはフランス語で”完成された”という意味があり
澄んだ琥珀色でなければならず完成する迄には4日間掛かります。
ガルニチュール(野菜などの付け合わせ)も一つ一つ想いを込めて手作業で仕上げます。
ゲストのためにかける手間暇が私たちのこだわりです。

お体に差し支えのある食材がある場合は代わりのメニューをご提案。
ご実家の特産物やこだわりの食材がある場合は、オリジナルの一皿でパーティに色を添えます。

message

私たちには新郎新婦様の代わりに大切なゲストへ料理を通じ感謝の気持ちを伝える責任があります。
そのために仕入れから調理まで一切の妥協を許さず、
お料理を口に運んだ瞬間からゲストの皆様が笑顔で至福の時間を過ごされる為に全力を尽くします。

取締役総料理長 佐田 勝也

経歴

1978年

都ホテル入社(現 ウェスティン都ホテル京都)

1995年

「15の星・ガラディナー」(同ホテルフェア)の為渡仏
フランス研修先:ポールボキ ーズ 、トロワグロ 、ジョルジュ・ブラン、オーベルジュ・ド・レリダン、アラン・シャペル、ル・クロ・デ・シーム

2002年

TAGAYA取締役総料理長に就任

2002年

京都セントアンドリュース教会総料理長就任 2006年 大阪セントバース教会総料理長就任

2012年

神戸セントモルガン教会総料理長就任 トック・ブランシェ国際倶楽部 会員 アミティエ・グルマンド 会員 京都フランス料理研究会 会員