神戸旧居留地大丸前の結婚式場なら神戸セントモルガン教会。挙式・披露宴・演出・結婚式の準備やマナーなどをご紹介。

Staff Blog

13

February

2017

ブライダルフェア

【永久保存版】ベストな結婚式場の見つけ方!

皆さんこんにちは✰

今回は、「結婚することは決まったけど、どうやって

準備を進めて良いのかわからない!」という方に向けて、

とっておきのコンテンツをご用意いたしました♥

このブログを読んで、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

どの時期に結婚式を挙げたいか決めよう!

◎まず、どの時期に結婚式を挙げるかを決めましょう!

 

ピンクに埋もれて♥桜の時期

【写真】

桜が満開の時期に挙げる結婚式には、

 

♦気温が暖かくて過ごしやすい

♦気持ちを心機一転できる

♦和装にもウェディングドレスにも合う

 

といったようなメリットがあります♪

 

また、鮮やかな新緑と可愛い桜のお花が組み合わさったウェディングブーケ

や白めの桜、薄ピンクの桜、桃色の桜の3色がぎゅっと詰まったデザインの

≪桜ブーケ≫が楽しめるのも春ならではです♡

 

これがまた、珍しいだけでなく、上品で素敵なんです。

春が好きな方はもちろんのこと、ピンクや可愛いものが

好きな方には持ってこいの季節です(●^o^●)

 

 

乙女の憧れ♥ジューンブライド

【写真】

6月に結婚式を挙げた、あるいは挙げる予定の花嫁を

‶ジューンブライド″というのは有名ですよね。

 

素敵な結婚生活が送れ、幸せになれるという話も

耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

その他にも、この時期に結婚式を挙げると

 

♦料金が安い

♦新婚旅行を楽しみやすい

 

というメリットがあります。

ロマンチストな方やコスパ重視の方に

おすすめといえる季節です。

 

気分上々☆真夏の快晴の中

【写真】

特に自然光が入る会場や、お庭に面した会場などは、

日差しがキラキラしてすごく良い雰囲気です。

 

また、快晴の中で行われるブーケトスは

盛り上がりそうです!

 

それだけでなく、

 

♦夏休みシーズンはゲストが集まりやすい

♦写真映えする

♦カラードレスが映える

 

等のメリットがあるため、たくさんゲストを呼んで

たくさん写真を撮りたい!という方にはおすすめです。

 

一番人気!秋

【写真】

一番人気の季節です。

主な理由としては、

 

♦お互い長期休暇を使って準備しやすい

♦食欲の秋!美食ウエディングが叶う

 

等が挙げられます。

 

また、春同様過ごしやすい気候で

かつ、夏同様祝日が多いため

 

大勢のゲストを呼ぶ予定の方にも

おすすめの季節なんです。

 

ロマンチック♥クリスマス

【写真】

この時期に挙げる結婚式には、

 

♦年賀状と一緒に結婚報告ができる

♦イベントに沿った演出ができる

♦ナイトウェディングが幻想的

 

といったようなメリットがあります。

 

なんといっても、恋人たちのシーズンなので

盛り上がることは間違いなしですヾ(*´∀`*)

“おもてなし”?結婚式場は料理で決めろ!

 花嫁が料理にこだわる理由

【写真】

料理は、新郎新婦様が結婚式場へ来て下さった

ゲスト様に向けて感謝を伝えるおもてなしです(*´▽`*)

 

 せっかく来ていただいたのだから、

せめて美味しい料理を振舞いたい!

 

料理にもこだわるのが、結婚式を招待する側

としての常識とも言えますね(^v^)

 

料理はゲストへのおもてなし

結婚式、披露宴で最も大切な“おもてなし”…それはお料理です。

 

結婚式場へ足を運んで来て下さるゲスト様

への感謝の気持ちを料理で伝えましょう!

 

「可愛い結婚式場」の基準は?

 

まず、一概に「可愛い」と言っても、

色々なタイプの「可愛さ」がありますよね。

 

例えばですけど、「可愛い人は誰?」という質問に対して

「石原さとみ」と答える人もいれば、

「北川景子」と答える人もいます。

 

このように、自分好みの結婚式場に出逢うためには、

自分の中での「可愛い」の定義を

明確にさせる必要があるんですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

挙式スタイル、どれを実施した?

教会式(キリスト教式)・・・60.7%

 

人前式、神前式を抜いてダントツで人気立ったのが教会式。

 

「ベタですが、真っ白なウェディングドレスを着て

父とバージンロードを歩くのが小さい頃からの夢でした!

ドレスのトレーンを持つ『トレーンベアラー』を3歳の姪っ子

にやってもらい、ほほえましくも感動的な式になりました」

(洋子さん・32才・主婦)


やはり結婚式=教会式(キリスト教式)をイメージする人が多数いるようです。


雑誌やテレビなどでウェディングドレスを着用したチャペルでの挙式を目に

することが多く、「THE結婚式」のイメージを抱きやすいのも人気の理由。

 

おすすめの結婚式場タイプはズバリコレ!

チャペルウェディング、ホテルウェディング、

はたまたゲストハウスウェディング…

 

様々なタイプの結婚式場がある中、特におすすめ

なのが【チャペルウェディング】です✰

IMG_0397

チャペルウェディングって…何?

チャペルウェディングとは、キリスト教の儀式

を取り入れた結婚式のことを指します。

 

結婚式場やホテル併設のチャペルを会場として執り行われる

ことが一般的で、キリスト教式とも呼ばれます。

 

新郎新婦が神に永遠の愛を誓うことが多いですが、

なかには人前式という形で参列者の前で結婚の誓いを立てる

という挙式方法をとるカップルも、少なくありません(^o^)

 

チャペルウェディングの魅力♥

会場となるチャペルや教会はステンドグラスやパイプオルガン

が設置されていたり、聖歌隊の歌声が響く中で結婚式を行うことができることも♥

 

また、親族や多くの友人に囲まれて式を執り行うことができる

会場が充実しているのでゲストが多い場合にも安心です♪

 

それ以外にも、リングリレーやフラワーシャワーなどの演出

を加えることでオリジナリティ溢れるウェディング

を実現できるので、特別な一日をこだわりの演出で

盛り上げたいという方にもぴったりなんです(≧∇≦)

 

また、披露宴を行わずに親族だけでささやかに結婚式

を挙げたいという方にも人気があるチャペルウェディング。

 

チャペルや教会での華やかなウェディングの思い出や写真は

しっかりと残るうえ、結婚費用を抑えることもできます。

 

その分、思い出に残るようドレスや演出、

会場の飾りつけに力を入れるカップルも多いようです。

 

教会式おすすめポイント

 

最愛の人と挙げる結婚式=教会
というイメージを持たれている方は結構
いらっしゃるのではないでしょうか??(≧∇≦)

ステンドグラスの前で交わすキッス、
逆光による二人の幻想的なシルエット…

妄想が止まりませんッ♥♥

…と、まあ早速教会式のおすすめポイントのご紹介
に入っていきたいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

 

家族の絆を感じるベールダウン&バージンロード

ドラマや映画で良く見るお馴染みのシーン、
ベールダウン(●^o^●)♥♥

まさにチャペルウェディングの醍醐味といえます。

意外と知られていないと思いますが、
これには「邪悪なものから花嫁を守る」
という効果があるんです!

また、バージンロードは今までの人生を表しています。
特に父親から新郎へ新婦を託すシーンでは、
参列者の感動の涙を誘うこともよくありますよね。

挙式の直前は、勇気を出して親に
「ここまで育ててくれてありがとう」と伝えて(o^―^o)

 

荘厳な雰囲気の中、一歩一歩彼のもとへ

聖歌隊の美しい歌声が響く中、お気に入りのウエディングドレス
姿で、祭壇の前で待つ彼のもとへ!♥
まさにずっと夢見ていた瞬間ですね。

【らぶらぶ 写真】

 

退場時には、祝福のシャワーを浴びて

【写真】

退場時は笑顔あふれるフラワーシャワー!
新郎新婦がチャペルを後にする際に行われる「フラワーシャワー」は
会場全体を温かい雰囲気に包んでくれるため採用するカップルが多いようです。

特に、新郎新婦の幸せそうな笑顔を写真に収めやすいシーンとしても人気です!

また、新郎新婦に向けて列席者が花びらを蒔くことで、
花の香りによって辺りを清め、幸せを妬む悪魔から
ふたりを守る意味があるんですよー!

 

女子の憧れ♥ステンドグラスの結婚式場

ステンドグラスは、表面がツヤツヤか、ザラザラか、はたまた

曇っているかなど、それだけでもまったく違った表現になります!

 

特に結婚式では外からの光の入り具合によって雰囲気が左右したり、

写真の写り具合も変わってくるのでチャペルで挙式を挙げようと

思っている方は要チェックポイントです(`・ω・´)

 

見学するときの注意点✰

式場選びで重視すべきポイント

37_0726_10350

式場選びで最も重視したポイント、第1位はダントツで「会場の雰囲気」。
候補は、ある程度絞り込んで見学しているため、

「自分たちがしたい結婚式のイメージにしっくりくるかどうか」

を重視している傾向が伺えます(/・ω・)/

 

また、その他にも列席者の交通の便を考慮し

ロケーションを重視した、という方や

候補が何件かあるときに、最後はコストパフォーマンス

を重視した方、おもてなしの要とも言える婚礼料理を

会場や披露宴の雰囲気、ゲストの顔ぶれなど

を考慮しながら決めた方など、決定する上での判断軸は

カップル様によりまちまちです(^O^)/

 

「自分達は何を大切にしたいか?

何にこだわりたいか?」

 

を事前に考えて決めておけば、式場選びは

スムーズになるはず!✰

 

「絞り込んで見学派」vs「多数見比べたい派」

結婚式場の平均下見件数は3.6件。
~2件までは全体の約4割(38.4%)、4件以上の方も約4割(41.8%)。

(参考:みんなのウェディング)

「絞り込んで見学派」と、「多数見比べたい派」の2つのタイプに分かれるようですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

また、ネットや雑誌で式場の情報を調べ、口コミや費用明細を確認してから、
ブライダルフェアや式場見学に行っている方が多いようです!

下見では、会場の臨場感やスタッフの対応など、パンフレットや

画像だけではわからない部分を見ている人が多いよう。

 

式場によっては、結婚式のお料理の試食や、お食事などお得なもの

もたくさんあるので、ブライダルフェアは要チェックです~♥

_MG_8973

 

タイプ別★あなたにぴったりのフェア

 

「会場見学」、「相談会」、「ブライダルフェア」の違い

がわかったところで、次にご紹介したいのがタイプ別

おすすめフェアです!

 

一概にフェア、と言ってもさまざまなタイプのフェアがあるので、

自分にぴったりのフェアに行って賢く、効率的に結婚式場を探して行きましょうヾ(*´∀`*)ノ

 

仕事が生き甲斐!【キャリアウーマンタイプ】のあなたにおすすめ◎

結婚の準備も大事だけど、仕事はもっと大事‼

でも、彼も私も平日は仕事で大忙し…。

 

というカップルにおすすめなのが、WEB予約特典付きの、

週末限定開催フェアです(●^o^●)

 

すき間時間にパパッと済ませられるWEB予約に

特典が付いているのですから、お得ですよね♪♪

 

週末だったら彼とデートがてら、気軽に行けそうです!

 

 ゆっくりじっくり見学したい!【マイペース】なあなたにおすすめ◎

どうせ迷うなら、とことん迷って決断したい!

そんな思考のあなたにおすすめしたいのが、

【平日開催】の相談会付きフェアです(^_-)-☆

 

平日なのでバタバタせずにすむところ

がおすすめです\(^_^)/

 

時間を気にせず相談できそう。

 

ゲストには最高の料理を!【グルメ】なあなたにおすすめ◎

どんなに可愛い外装で、どんなに綺麗な内装であっても、

料理がイマイチだったら意味がない!

 

そんな思考のあなたにおすすめなのが【無料試食付きフェア

です☆彡

 

料理に対するこだわりは式場により大きく異なります。

無料で試食できるなら行かない手はないですね!

 

レストラン営業を行わず、結婚式の為だけに仕込みを行うところ

もあるので、ゲストへのおもてなしを重視するカップルには

ぜひ足を運んで欲しいフェアです。

 

見学時のチェックポイント

いそがしくてお2人の予定がなかなか合わない方は相談会がおススメ!

 

平日だからゆったり見学!

【平日開催】式場まるごと見学&人気のドレスサロンで試着も出来る相談会

・会場装飾

・演出体験

・館内見学

いそがしくてお2人の予定がなかなか合わない方へおススメの相談会☆

 

一生に一度の結婚式。

事前調査から手を抜かず、

納得のいく一日にしましょう♡

55cd00041cb7bf124802298331bd67ad-900x1024

 

【挙式のみ】の結婚式って?

【挙式 写真】

【挙式のみ】の結婚式は、経済的な事情や健康上の事情など

何らかの理由があって披露宴を行わないカップルのために

展開されるようになったウェディングプランのことを言います。

 

挙式と写真撮影のみのプラン・挙式に簡単な食事会がつくプラン

などもあり、規模や費用は大がかりでなく、内容・会場など

のバリエーションは豊富であることが特徴です(*´▽`*)

 

【挙式のみ】の結婚式も良いかも

【キス シルエット 写真】

お金がなくても、時間がなくても、様々な事情があって披露宴が開けなくても

【挙式のみ】ならほぼ全ての問題を解決できます( ´ ▽ ` )ノ

 

また、教会式であれ神前式であれ、挙式を行うことは、一つのけじめにもなります。

 

違う土地、違う家で生まれた二人が縁があって出会って「結婚」して

「家族」になる決断をしたわけです(o^―^o)

 

そのことをしっかりと自覚するという意味においても、「披露宴」

はともかくとして「挙式」をすることは意味のあることだと思います♪

 

【挙式のみ】の結婚式にするのも良さそうですね。

fair