神戸旧居留地大丸前の結婚式場なら神戸セントモルガン教会。挙式・披露宴・演出・結婚式の準備やマナーなどをご紹介。


Staff Blog

31

January

2020

ドレス・タキシード

【写真映え間違いなし☆ウェディングドレスの後ろ姿に注目してみよう!】

皆さま、こんばんは。

タガヤ神戸店のスタイリスト宮崎です。

ウェディングドレスは花嫁さまの中でもとっても大事なもの。

せっかく着るなら写真映えするウェディングドレスはいかがでしょうか?

 

1.ウェディングドレスの後ろ姿を確認しておこう

花嫁様が結婚式で一番楽しみなのが「ウェディングドレス」

そんな素敵なウェディングドレスを選ぶ際に「後ろ姿」に注目してみませんか?

ウェディングドレスを選ぶ際には、「自分に似合うかどうか」を確認しますよね。

ドレスのデザインだったり、着心地、素材感など…

その人によって似合うドレスはさまざま。

その似合うドレスを選ぶポイントに「後ろ姿」を足してみてください。

当日のゲストの皆様からとっても好評ですよ♡

 

2.なんで後ろ姿がいいの?

もし挙式をチャペルで行う場合、バージンロードを歩きますよね。

実はバージンロードは正面の印象よりも後ろ姿の印象の方が強く残るんです。

後ろ姿の方がゲストから見られる時間も長いんですよ。

さらに、カメラマンの撮影はバックショットが多いんです!

前撮りや結婚式当日カメラマンに撮影を依頼している場合、バックショットで撮影する機会は意外と多いもの。

というのも、花嫁さまのバックショットはとっても写真映えするんです♡

ロケーション撮影はもちろん、結婚式当日もバックショットで撮影する機会は多いんですよ。

実際写真をあとで見返した時にバックショットに物足りなさを感じることも…

そうならないためにも、後ろ姿にも注目しておきましょう!

 

3.ウェディングドレスはトレーンの印象で変わる

ウェディングドレスの後ろ姿を大切にする際にまず抑えておくべきポイントは「トレーンの長さ」

ロングトレーンは上品さと華やかさを兼ね備えていてゲストからも好評間違いなし。

ただし、ロングトレーンは披露宴会場やチャペルが大きいからこそ映えるもの。

式場の大きさなども考慮しなければいけないので注意してくださいね。

 

いかがでしたか?

意外と見落としがちなウェディングドレスの後ろ姿ですが、ウェディングドレスは後ろ姿の印象で左右されるもの。

ゲストから見られる機会の多い後ろ姿にも注目してウェディングドレスを選んでみるのもいいかもしれないですね♡

 

Keyword:

fair