神戸旧居留地大丸前の結婚式場なら神戸セントモルガン教会。挙式・披露宴・演出・結婚式の準備やマナーなどをご紹介。


Staff Blog

23

April

2019

結婚式の準備・マナー

夏の結婚式にお呼ばれしたら?靴のマナーや選び方を知っておこう!

サムネイル画像

夏の暑い時期に結婚式にお呼ばれしたら、皆さんはどんな靴を履いて行きますか?

せっかくの結婚式ならお気に入りの靴を履いて行きたいですよね。

 

でも結婚式では、どんな靴を履いてもいいというわけではなく、ゲストの靴にはちゃんとしたマナーがあるんです。

 

お呼ばれした時にマナー違反をしてしまわないように、一緒に靴のマナーを見ていきましょう♫

 

男性のマナーについて気になっている方はこちらもどうぞ!

 

1.知っておきたい結婚式に履く靴のマナー

結婚式では、つま先の隠れるパンプスが基本です。

 

つま先が出ているオープントゥなパンプスはお洒落ではありますが、「つま先」=「妻が先立つという意味になり、縁起が悪いとされているので避けた方が良いでしょう。

 

その為、結婚式にはつま先の隠れた靴を選びましょう!

ドレスや小物では、白いものは花嫁さんの色とされNGですが、靴のみ白はOKとされています。

 

足元が明るい方が全体的な雰囲気も明るく華やかになりますよ♫

マタニティ 結婚式 靴

パンプスを履く時の注意!

夏の結婚式にお呼ばれした時、暑いからといってストッキングを履かずに参列するのは避けましょう!

 

女性のフォーマルの場合は、肌色のストッキングを着用するのがマナーとなっています。

素足や黒のタイツなどを履くのはマナー違反なので注意しましょう!

 

2.失敗しない靴選びのポイント 

①ヒールの高さ

結婚式などに履いていく靴は、ヒールのあるものがおすすめです。ヒールの高さは3センチ以上のものがベスト。

 

逆に3センチより低じゃったり、ヒールが太いものはカジュアルになりすぎたり、スタイルが悪く見えてしまうことも。

 

ただし、妊婦さんなどは無理せずぺたんこ靴や、ヒールが太いものや低いものでも大丈夫ですよ!

 

②季節に合わせた素材

靴の素材などにもこだわるとよりお洒落感もアップ♫

シルクなどの光沢感のある素材は、結婚式にはおすすめです。

季節に合わせた素材を選びましょう!

 

3.夏の結婚式にNGな靴とは?

夏の暑い季節だからといって、結婚式に好きな靴を履いてきて良いという訳ではありません。

そこでフォーマルな場では避けた方が良い靴をご紹介します。

結婚式 靴

①ブーツやスニーカー

ブーツやスニーカーなど普段履きしているような、カジュアルな靴はNG

結婚式のようなフォーマルな場では合いませんし、せっかくドレスアップしたコーデを台無しにしてしまいますよね。

 

②サンダルやミュール

夏になると暑さもあり、サンダルやミュールを履いていきたいと思うかもしれませんが、先ほども少し触れたように、つま先が出てしまう靴はNGです。

 

靴のデザインによっては、ドレスに合うように思えますが、基本的にミュールやサンダルなどは、マナー違反なので避けましょう!

 

③動物柄のもの

革などのパンプスであれば大丈夫ですが、アニマル柄など見るからに動物をイメージさせるものはNG

動物柄のものは殺生をイメージさせてしまう為避けましょう。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

夏の結婚式は少しでも涼しくしたいと思うかもしれませんが、結婚式には様々な年代の方が参列します。

 

新郎新婦にも失礼のないように、足元までしっかりとマナーを意識したドレスコーデを心がけましょう♫

 

結婚式の後の二次会について気になっている方はこちらの記事もどうぞ!

 

Keyword:

fair