神戸旧居留地大丸前の結婚式場なら神戸セントモルガン教会。挙式・披露宴・演出・結婚式の準備やマナーなどをご紹介。


Staff Blog

1

April

2019

ドレス・タキシード

ウェディングドレスにベールとティアラ…髪型はシニヨンで王道花嫁に♪

憧れのウェディングドレス姿を想像してみてください…

王道のティアラとベール、シニヨンをつけた姿が思い浮かびませんか?

ウェディングベールとは?

ウェディングベールは挙式時に花嫁さまがつけるアイテムです。

ベールを使った儀式としてはベールアップやベールダウンが有名です。

ベールには花嫁さまを守る魔除けの意味があります。

ウェディングベールの種類

①フェイスアップベール

ベールの途中が折り返してあり、コームでとめて装着します。

挙式ではベールをおろして(ベールダウン)入場し、新郎さまがベールをあげます(ベールアップ)②マリアベール

聖母マリアさまがつけたことが起源のマリアベールはピンでとめて固定します。

折り返しがなく顔が見えやすい状態なので、ベールアップやベールアップはできません。

ウェディングベールの長さ

ウェディングベールの長さは、大まかに3種類あります。

①二の腕までの長さの【ショートベール】は、活発でカジュアルな印象を与えます。

②腰の位置まである【ミドルベール】は、最も人気のあるベールです。

③足元までの【ロングベール】は、格式高い印象になります。

特徴をおさえたところで、ベールを選ぶ際に重要なポイントがありますよ♪

ミドルベールとロングベールはドレスにリボンなどがついていると重なってしまうことがあります。

ウェディングドレスのデザインを邪魔しないベールを選んでくださいね。

ウェディングベールをつける位置

ベールをつける位置も大まかに3種類あります。

①頭の上につけてフェイスラインや二の腕をカバーする②頭の後ろの位置につけて顔をすっきりみせる③首に近くして控えめにする

位置を変えると印象もだいぶ変わってきます。

ヘアスタイルとの兼ね合いもみて考えてくださいね♪

ベールと合わせたい、ティアラ

ティアラはウェディングドレスに合わせたい王道のアイテムですよね。

実はティアラにはたくさんのデザインがあります。

①王冠のような形のクラウンティアラ

②なじみ深いカチューシャタイプのティアラ

③コームを指すだけの簡単なティアラ

④おでこにつけるネックレスのようなマリアティアラ

⑤ティアラの王道、プリンセスタイプのティアラ

形だけでなく、デザインも様々です。

ベールとの組み合わせをみて選んでみてくださいね。

シニヨンで王道花嫁に

シンプルな髪型のシニヨンは花嫁さまに人気の髪型です。

全体的にカールがかかっているので明るい印象がつきますよ。

ティアラはまとめ髪とも相性が良いですが、少しカジュアルにしたいときはシニヨンが最適です。

シンプルで王道のシニヨンはアクセサリー次第で印象がガラッと変わります。

そのため、ティアラ選びも重要ですよ。

シニヨンはアレンジの幅も広いので、自分好みの髪型にできるのが大きな特徴です♪

まとめ

ベールにティアラ、シニヨンはウェディングドレスに合う人気のアイテムです♪

この組み合わせは定番なので、取り入れれば王道の花嫁さまになれますよ。

「とくにアレンジもいらない、シンプルが一番!」

という方はベールにティアラ、シニヨンを取り入れてみてはいかがですか?

【合わせて読みたい記事】

海外ウェディングのトレンドをおさえてアンティークな結婚式場に♪

Keyword:

fair